巣鴨さんぽ その2

巣鴨地蔵通り商店街、よく行ったお店紹介です。

 

定番の人気店から超個人的に行っていたお店まで、

主観全開でお送りいたします。

 

 

 

巣鴨といえば塩大福。

だいたいこの3軒が人気でした。

とはいえ塩大福レポートはいたしません。

 

 

 

『伊勢屋』

いつも人だかりで特に順番の列もないようなので、

うまくこの中に混じって注文するのがポイントです。

 

塩大福が有名ですが、

個人的にはおはぎと草もちが絶品でした。

 

全体的にあんこもの、お餅ものにハズレはない感じです。

 

 

そして右側にあるお食事処コーナー。

ここで大福を食べたりもできます。

 

うどんや丼ものなど普通の食事もできます。

 

 

ここではタンメンを食べました。

昔ながらの味!って感じですごくおいしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

『すがも園』

ここもいつも人だかりです。

「開運 塩大福」と書いてあるのが特徴的です。

 

 

ここも先ほどのお店と同じように中でお食事ができます。

メニューはこちらの方がたくさんで、中も割と広いです。

 

 

たぬきうどん。

やさしいお味。麺は細いですがコシがあります。

 

 

そしてこのおしるこはすごくおいしかった!

焼いたお餅が香ばしくて、甘さもちょうどいい感じです。

 

 

 

 

 

『みずの』

こちらは「元祖 塩大福」とかかげているお店です。

たいてい5人〜10人くらいの列ができています。

 

だいたい先の2店で買ってしまって、

なにげにこのお店で買ったことはなかったかな…。

 

 

 

そのほか、この「ときわ食堂」が大人気!

 

休日は長い列が出来ています。

去年だったかな?リニューアルして店舗の広さが倍になりました。

それでも行列ができているのがすごい。

 

お刺身やあじフライ、エビフライなどの定食が食べられます。

とんかつや唐揚げもおいしかったです。

 

言うてもチェーン店?のようで、他にも支店があるようです。

ちなみに、この通りを歩いて6,7分くらいの

ところにも「庚申塚店」があります。

比較的そっちは空いているような気がします。

 

 

 

 

「更科」というおそば屋さん。

ここも何度か行きました。

創業大正四年、という歴史あるお店!

 

もう昔ながらのおそば屋さん、

という感じの風情あふれる店内。

 

でも、割と若い人も食べにきていました。

(たまたまだったのかもしれませんが。。)

 

 

たぬきそば。

年明けに行ったら、

かまぼこがおめでたい仕様になっていました。

 

細いおそばでツルッといけます。

 

 

 

親子そば。

鶏肉×卵の絶妙なハーモニー!

やさしさMAXです。

 

たぬきそばにも入っていたけど、

インゲン豆が入っているのが特徴なのかな?

 

うどんを注文したことはなかったけど、

他のお客さんが食べていた鍋焼きうどん、けんちんうどんなんかも

すっっごくおいしそうでした。

 

また行きたい。

 

 

 

さいごはたい焼き屋さんの「飛安(とびやす)」

 

 

いつも列が出来ています。

休日や縁日のときはけっこうな行列が。

 

 

「90円」というのが安くて魅力的。

 

あんことクリームがありますが、

クリームはやっていないときもありました。

 

 

 

昔ながらのたい焼き。

皮は分厚いタイプで、外はさくさくです。

 

個人的に薄皮たい焼きやしっぽまであんこあっぷり

というやつよりこっちのほうが好みです。

 

食べ歩き用の袋に入れてくれます。

 

 

焼きたてのアッツアツを食べ歩くのは幸せです…。

 

 

 

 

以上、巣鴨さんぽレポートでした!

 

 

 

 

▽巣鴨さんぽ その1へ

http://www.nikuq-works.com/wordpress/?p=826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">