活版印刷体験をしてきた

飯田橋にある「印刷博物館」にて、

活版印刷体験をしてきました。

 

先着6名と、ちょっと小規模なので

友達とワイワイいくのは難しそうです。

 

この日、一人で参加。

ぎりぎり6人目の受付でした。

(体験開始の10分前から受付を開始します。

すぐさま行ったのにぎりぎりでした!)

 

今回は、一筆箋に好きな文字を入れるという体験です。

 

私の選んだ文字は、「終わりなき旅」。(どーん)

ミスチルの名曲です。

 

まずは活字を活字棚から選んで拾ってきます。

 

とってもたくさんの活字!

 

 

 

活字は「音読み」で並んでいるそうです。

 

 

 

ひらがな、カタカナもあります。

 

 

 

 

拾った活字はこの木箱に並べていきます。

 

 

 

もう版はつくって用意されていたので、

活字を並べていきます。

上下左右を間違えないように。

 

 

 

おお!かっこいい。

 

 

 

印刷機にセットします。

 

余談ですが、印刷機はヤフーオークションなどで15万円程度で

売っていることがあるそう。

お、なんとか手に入りそうじゃん?と思いましたが、

活字の方を手に入れ、自宅に保管するのがほぼ不可能ですね。。。

 

 

 

この丸い部分にインクが付いています。

今回は茶色のインクです。

 

 

 

紙をセットして、レバーをグッと押し込みます。

 

 

 

きれいに印刷できました!かなり感動。

 

 

 

好きな便箋の柄を選び、何枚か刷らせていただきました。

 

 

 

独特のヘコみが何とも味があります。

 

 

 

一人7枚刷らせてもらえました。

 

 

ほかの方は自分の名前でやっているようだったので、

私はよく考えたらわけのわからないものが出来上がりました。笑

でもお気に入りです。

 

 

 

自分の名刺も活版印刷で刷ってみようと決意を新たにしました。

いまネットで気軽に活版印刷を入稿できるのですね。

(ただ、普通の名刺よりだいぶ割高になりますが・・・)

 

 

印刷博物館のミュージアムショップで買いました。

宇宙柄!和紙!ということで即買いです。(封筒です)

 

 

 

印刷博物館、飯田橋から徒歩13分と地味に遠いのですが

入館料300円でけっこう楽しめます。

 

体験コーナーは季節によって作るものが変わるそうなので

また行ってみたいです。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">